2011年10月14日

元中日・大豊さん、白血病の闘病語る 実妹からの移植で元気に・・・・ぶっ飛び!

ちょっとあいた時間ありませんか・・・
これってあれなどダメだしを入れたくなるって?
元中日・大豊さん、白血病の闘病語る 実妹からの移植で元気に・・・・ぶっ飛び! の事柄を検査プロ野球もユーモラスですよね。

☆★☆

元中日・大豊さん、白血病の闘病語る 実妹からの移植で元気に
読売新聞(ヨミドクター) 10月12日(水)15時44分配信

講演の後、トークショーにも参加した大豊泰昭さん(左から2人目)

日本骨髄バンク設立20周年記念イベント「つなげよういのち」の集会が10日、名古屋市中村区のウインクあいちで開かれ、元プロ野球中日ドラゴンズ選手の大豊泰昭さん(47)が講演し、急性骨髄性白血病を発症し、実妹からの末梢(まっしょう)血幹細胞移植で元気を取り戻すまでの体験を語った。

大豊さんは2009年春、体調不良で検査を受けたところ白血病と判明。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111012-00000302-yomidr-soci

★☆★

ちっとは気分が晴れましたかねー!
まーまー、ぽちぽちやってきます。
これで終了。


少数のゲイのつながりは、自宅の住所の辺りで相手方とめぐり合うことが極めて困難になってきています。地域によっては、あまり近隣だと近所のめがきになることもあることでしょう。地区的に、ホモです同性愛ですゲイですゲイ長崎などでパートナーを物色している人も皆無ではないでしょう。又ゲイ熊本ゲイ大分またホモ長崎だったりホモ熊本ホモ大分また同性愛長崎でも要望があるかもしれません。また同性愛熊本同性愛大分などそれなりのゾーンで見渡すと目標とする相手方に出会うチャンスが倍増してくることは無きにしも非ずです。
posted by はるwoyq at 14:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。